用途によって違う!動きやすい作業服の選び方

仕事内容によっては作業服が必要になるケースがあります。そのような業種で働いている人にとって重要になるのが、作業服の選び方です。作業がスムーズに進められるように動きやすい作業服を選ぶことが求められますが、それだけでは良い作業服を選べたとは言い切れません。

仕事の内容によって作業服に求められるものが異なるからです。そこで今回は動きやすい作業服の選び方を紹介します。

着心地を確認してから選ぶ

動きやすい作業服を選ぶときのポイントとして着心地が挙げられます。着心地という言葉を聞くと、フィット感だけを重視してしまうかもしれませんが、それだけが着心地の要素ではありません。汗をかくことが多い職場や水を扱うことが多い職場では、通気性や吸水性の高い作業服を選ぶことも必要でしょう。

窮屈な場所での作業が求められる場合には、ストレッチ性の高い作業服が適しています。サイズ感としては自分の身長や体型に合ったものを選ぶのがベストです。大きすぎると動きにくくなりますし、小さすぎると繊細な作業が難しくなる可能性が高いため、避けた方が良いと言えます。

季節によって作業服を変えることも必要です。例えば冬場に屋外での作業が求められるような仕事では、生地が薄すぎると寒さによって作業が遅れることもあるため、厚手の作業服を選ぶのが良いでしょう。

精密機器を扱う仕事では帯電防止が必須

精密機器を扱う仕事では着心地以外にも作業服に求められる要素があります。それが帯電防止です。精密機器は扱い方によっては、漏電や感電の恐れがあるため、電気に強い作業服が必要になります。購入する際には帯電防止の加工が行われているかを確認しておくことが重要です。

精密機械を扱うときには、静電気の発生もあります。静電気が発生すると商品に影響を及ぼす可能性も考えられるため、制電レベルの高い作業服を選ぶのもオススメです。精密機器を扱うときの作業服は突起物の少ないものが良いでしょう。

作業中に何かが引っかかってしまえば怪我に繋がる可能性もあります。そのようなリスクを回避するために、ポケット数も少ないものが良いと言えます。

医療現場では菌や汚れに強いものがオススメ

医療現場は、あらゆる菌が生息している可能性が高いです。場合によっては作業服にウイルスが付着してしまうことも考えられます。その菌が原因で自分が病気になってしまってはいけないので、抗菌の加工が行われている作業服を選ぶのが良いでしょう。

菌への耐性を高めておくことで、どんな病気に対しても恐れることなく治療を行えます。より医療現場に適した作業服を選びたいのであれば、抗菌加工だけでなく制菌加工も行っているものが良いと言えます。制菌加工が行われていれば菌を制御する能力が高くなるので、それ以上菌が増殖することはありません。

医療用の作業服はニオイにも気遣いが必要です。患者を治療している間に悪臭がついてしまうケースもあります。自分は気にならない程度でも、他の人からすれば気になるものであることも考えられるので、防臭能力の高い作業服を選ぶことも必要です。

治療方法によっては作業服が汚れる可能性もあるでしょう。医療の仕事では勤務時間が長くなることもあるため、なるべく清潔な状態を保ちたいという人もいるのではないでしょうか。そのような方には防汚加工が施された作業服が良いと言えます。

汚れにくいものであれば、長時間の労働でも清潔感が保てます。

清掃作業を行う場合は加工の多い作業服が良い

清掃の仕事は勤務場所が決まっていないパターンが多いので、加工の多い作業服がオススメです。加工が多い作業服であれば、あらゆる状況に対応できるというメリットが得られます。飲食店での清掃作業を行う場合には、水や油によるトラブルが考えられます。

そのため撥水や撥油の加工が施されている作業服が適しています。撥水や撥油の加工が施されていれば、水や油が作業服にかかっても作業を続けられるという利点があります。清掃員は寒い場所での作業も行います。冬場に屋上の清掃を行うとなれば、普通の作業服では作業が遅れる可能性もあるでしょう。

そこで蓄熱や保温の加工が行われている作業服が役立ちます。蓄熱や保温ができる作業服を着ていれば、寒い場所での作業でも凍えることなく作業を進められます。雪かきの作業が必要なときにも蓄熱や保温は役立つでしょう。

悪臭の強い場所を清掃しなければならないケースもあります。そのようなケースでは悪臭が作業服にうつってしまうことも考えられます。臭い状態が続くと長時間の作業は辛いので、防臭加工の作業服を着ると良いでしょう。

抗菌加工が施されていれば、菌による悪臭も防げます。汚れが酷い現場も多いので、清掃員として働くのであれば、防汚の加工が行われているものを重視して選ぶのもオススメです。

工事や製造の仕事では全ての加工が施されているものがベスト

工事や製造の仕事はトラブルが多いので、どんな状況にも対応できるように全ての加工が施されているものがベストです。工事や製造の仕事はハードな内容のものが多いので、汗をかきやすく、作業服が臭くなりやすいので、消臭や抗菌の加工は必要になります。

汚れが付着しやすい現場も多いので、防汚加工も重要です。汚れを落とすために何度も洗濯を行うケースも考えられます。そのような状況も想定して、ヨレにくく加工の落ちないものを選ぶと良いでしょう。夏場に屋外で作業をするのであれば、小型のファンが取り付けられているものもオススメです。

小型のファンがあれば、夏場の作業もスムーズに進められます。夏場よりも冬場の作業が多いのであれば、防寒対策を行っている作業服を優先する方が良いと言えます。仕事内容に溶接が含まれている場合は、防炎加工の作業服が必須です。

溶接の作業は火の粉が飛びやすく火傷のリスクもあるため、多少高くなっても防炎加工のものを選びましょう。建築現場で着る作業服はポケットの多いものが適しています。建築関係の仕事では小道具を扱うことが多いので、必要な小道具を全て持ち歩けるようなポケット数が必要です。

→作業服に適している防寒着はウインドブレーカー!作業用のウインドブレーカーの選び方

デザイン性の高いものを会社の制服にする

会社の制服として作業服を採用するのも良い方法です。社員全員が同じ作業服を着ることで、会社のイメージを共有しやすいでしょう。また社員全員が同じ作業服を着ることによって、全員の動きがスムーズになります。このメリットを得るためにも動きやすい作業服を選ぶことが重要です。

会社側で作業服を選ぶ場合には、機能性だけでなく、デザイン性も求められます。デザイン性が高ければ社員のモチベーションが上がるため、仕事効率が上がる可能性が高いです。機能面に関しては、自分の会社が行っている業務に必要なものを考えて選ぶと良いでしょう。

例えば電気を扱うのであれば、帯電防止の加工が施されたものが適しています。

参照-ユニフォームタウン:作業着パンツ - https://www.l-m.co.jp/work/pants/
投稿日: